お気に入り

浜松店ブログShop Blog

プラチナ950ハードとは??

婚約指輪・結婚指輪の代表的な素材である”プラチナ”

『プラチナ』と一口に言っても、実はプラチナの配合量や硬度の違い等さまざまな種類があります。

プラチナの純度が低いものですと価格は抑えられますが、経年で変色やアレルギーの心配もあります。

じゃあただ単に純度を上げれば良いのかというとそうでもなく・・・

プラチナの柔らかい性質から、純度を上げると指輪が変形したり傷つきやすくなったりしてしまいます。

プラチナの純度の違いについて少し・・・

↓↓↓

プラチナには大きく分けて3種類の純度があり、純度の違いによって性質が異なります。

プラチナの純度は主に「Pt900」「Pt950」「Pt1000」の3種類があり、数字が大きいほど、純度が高くなります。

Pt900はプラチナ90%、Pt950はプラチナ95%という純度を表しています。

Pt1000はプラチナ100%を示しますが、実際には純度100%のプラチナは存在しません。

そのため、近年はPt1000ではなく「Pt999」という表記が使われるようになっています。

婚約指輪・結婚指輪に向いているプラチナの純度は?

結婚指輪には、Pt900またはPt950が向いています。

Pt1000(Pt999)は純度が高い分、プラチナの特徴でもある柔軟性が出やすく、強度が弱くなるためです。

また、Pt1000(Pt999)は黒みがかった色をしていることも、結婚指輪に向かない理由の一つです。

Pt900

Pt900はプラチナ90%の純度です。残りの10%は、パラジウムやシルバーなど、ほかの金属が入っています。

Pt900はジュエリーの素材として扱いやすく職人に好まれていることもあり、日本ではプラチナの指輪に用いられる素材として数多く流通しています。

しかしながら、プラチナ純度が95%未満のジュエリーは海外ではプラチナ製品とカウントされません。

Pt900は日本固有の基準と言えます。

Pt950

プラチナ95%の純度を持つPt950は、カルティエやティファニーなど、世界的ジュエリーブランドが多く採用しています。

Pt950はプラチナの純度が高い分柔らかくなるため、ジュエリーとしての強度を補う目的で、硬いルテニウムという金属を混ぜ込んでいます。

強度を上げたプラチナは「ハードプラチナ」と呼ばれ、華奢なデザインの指輪などに使われています。

結婚指輪で細身のデザインが普及しだしたのも、この「Pt950ハードプラチナ」の登場が大きいです。

アンジェリックはすべての商品を「Pt950 ハードプラチナ」でお仕立てします。

稀少なプラチナを純度95%としっかり使い、残りの5%に大変高価なレアメタル【ルテニウム・パラジウム】を混ぜて

硬くて丈夫なハードプラチナにしています。

長年愛着もってお使いいただくブライダルリングとして一番おすすめの素材なんです!

こちらPt950ハードプラチナを使用した結婚指輪は通常1本(約3g)で10万円くらいするものですが、

アンジェリックは5万円台からご案内しています

MR10 1

アンジェリックフォセッテは、素材の買い付け~製作~販売までの全てを自社一括で行い、中間業社を一切挟まないことでコストを削減!

生涯を共にするブライダルリングを一組でも多く、より高品質なものをご提供できるよう、『大切な結婚記念を任された専門店』として全社一丸となり日々惜しみない努力をしています。

 

店頭には婚約指輪2,500種類、結婚指輪2,600種類のデザインを揃えております。

ぜひ、一度ご参考までにデザインのご試着へいらしてください♪

婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)・プロポーズリングのご相談、ご質問はブライダルリング専門店のアンジェリック フォセッテ浜松店へ
店舗情報ページはこちら

最新情報 TOPへ

店舗一覧

浜松店ブログの上部へ戻る