お気に入り

浜松店ブログShop Blog

サンタクロースの起源

サンタクロースは、4世紀ごろ、現在のトルコのミュラの司教、聖ニコラスだと言われています。

彼は、日ごろから、困っている人や貧しい人を助け、自分の持ち物を惜しまず与えていた心のやさしい人でした。

あるとき、ニコラスの近所に3人の娘のいる家族が住んでいました。

たいへん貧しくて、娘を売らなければならないほど、お金に困っていました。

そのことを知ったニコラスは、その夜、その家の煙突から金貨を投げ入れました。

ちょうどその金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入って、そのお金で娘は救われ、後に結婚することができたのです。

聖ニコラスは、同じことを下の2人の娘のときも繰り返し、その家庭を救ったと言われています。

クリスマスに靴下を下げておくと、サンタクロースが煙突から入って贈り物を入れてくれるという習慣は、ここから生まれたようです。

なじみ深いサンタさんの伝説にはこのような起源があったのですね・・・

皆さんは誰かのサンタさんになりますか?

メリークリスマス☆★

婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)・プロポーズリングのご相談、ご質問はブライダルリング専門店のアンジェリック フォセッテ浜松店へ
店舗情報ページはこちら

最新情報 TOPへ

店舗一覧

浜松店ブログの上部へ戻る