お気に入り

静岡店ブログShop Blog

18金のゴールドについてご紹介!

★★婚約指輪・結婚指輪専門店 

 アンジェリックフォセッテ静岡店です☆☆

 

本日は、婚約指輪・結婚指輪の素材についてご紹介!

その中でも18金等のゴールドについてご紹介です!

 

ゴールド

プラチナ同様に人気があるのが18金などのゴールド!ゴールドは海外ではとっても人気の結婚指輪の素材なんです!

ゴールドに混ぜる他の金属の配合の割合によりさまざまな色や特性を変化させるのも人気のひとつです。

最近人気が再熱中です(#^.^#)

ゴールドの主な種類

K24=24金(金100%)、K20=20金(金83.3%)、K18=18金(金75%)、K14=14金(金58.3%)

ゴールドはプラチナ同様に、いやそれ以上に純度が上がれば上がる程に柔らかくなります。

したがって純度を下げて、他の金属と混ぜ合わせることで硬度を上げ加工をしやすくしたり、発色を良くしたりしして

ジュエリーなどに使用します。

ちなみに特徴としてはプラチナ同様に変色や変質などがおこりにくい安定性の良い金属です。

18金 イエローゴールド

華やかで、ゴージャスな雰囲気を演出してくれる色♪

一般的な金色と言うと、まさにこの色!!

銀と銅をほぼ同じ割合で混ぜているため、きらめく金色が表れ、強度はプラチナとほぼ同じと言われています!

日常的につけるアクセサリーに取り入れている人も多い素材です☆

 

18金 ピンクゴールド

温かみのある柔らかな色合いで、女性に人気の地金です♪

銅の割合を多くすることで赤みがかり、それが金色と混ざり合わさることで、きれいなピンクとなって表れてくれます!

温かみのある柔らかな色合いは肌なじみも良く日本人女性にとっとも似合います☆

18金 ライムゴールド

イエローゴールドよりもレモン色に近く、明るく華やかな印象を演出してくれます♪

明るく爽やかな印象から男性にも人気の地金です!

 

 18金 ホワイトゴールド

見た目はプラチナと同じ!!

プラチナのようにやわらかな白色を放ち、欧米では「白い貴金属」といえばホワイトゴールドを表すほど!

変色・変質に強く、本来の地金の色はシャンパン色(薄~いゴールド)です。市販のものはロジウムという金属でメッキ加工をして、

プラチナと同じ色を再現しています!

ある程度期間が経過すると、メッキがはがれてくることがあり、変色をすることもございます。

ただ最近ではあえて表面にロジウムメッキをせずにシャンパン色のゴールでアンティーク感を演出したり、

少し落ち着いた印象を出したりと、とっても人気があります(^^)

18金 アンジェリックゴールド

アンジェリックフォセッテのオリジナルの18金ホワイトゴールド。

一般的なホワイトゴールドよりも深みのある銀色が特徴です。

また、一般的なホワイトゴールドと違い表面にロジウムメッキ加工をしておりませんので、

永くお使い頂いてもメッキが剥がれる心配がなく、変色もありませんのでとっても人気の地金です♪

ちょっとだけシルバー(銀)の特徴も

特徴は他のプラチナやゴールドに比べると柔らかい地金になります。

柔らかさにより加工がしやすいため、デザイン性の豊かさには定評があります。

また、硫化という現象により地金の色が黒くなってきます。お磨きをすると直ぐにキレイになりますが、

あえて、黒さを残し2人が歩んできた来た軌跡を表すように経年劣化を楽しむのも、とってもオシャレ!(^^)!

価格もグーっんと抑えることが出来るのも人気のひとつです!

 

店頭では様々な地金をご用意しておりますので、いろいろと試しながら自分にあった金属を見つけてください(^<^)

 

婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)・プロポーズリングのご相談、ご質問はブライダルリング専門店のアンジェリック フォセッテ静岡店へ
店舗情報ページはこちら

最新情報 TOPへ

店舗一覧

静岡店ブログの上部へ戻る