💍婚約指輪のアレンジオーダー例! - 結婚指輪・婚約指輪の専門店アンジェリック フォセッテ
来店ご予約
来店ご予約

News

銀座本店
2024.03.16
💍婚約指輪のアレンジオーダー例!

みなさまこんにちは。
婚約指輪・結婚指輪・プロポーズリングの専門店
アンジェリックフォセッテ銀座本店です。

本日はアンジェリックフォセッテのアレンジオーダーについてご紹介いたします!
みなさまアレンジオーダーとかセミオーダーといったワードをお聞きになられたことはございますか?
アレンジオーダーとは、もともとのリングデザインへ『+α 』、おふたりのお好みやこだわりを加えていただくことです。
ベースとなるリングデザインがあるので、出来上がりのイメージがしやすく安心ですし、一からデザインを創作していくわけではないので気軽にオーダーできるところが魅力です。
周りの人とかぶらない、おふたりだけのダイヤモンド・婚約指輪のデザインを自分たちで細かく決めていき、プロの職人が指輪を仕上げてくれます!「私たちだからこうしたよね」っていう特別感も人気の理由のひとつです!

さて、
アンジェリックフォセッテはメーカーということもあり、既存のリングデザインが5,100型(業界トップクラス!)ございまして、そのすべてにアレンジオーダーをしていただくことが出来ます。
お友だちから「それどこの指輪!?」って注目されること間違いなし、世界にたった1つしかないオリジナリティ溢れるおふたりだけの婚約指輪をお仕立てすることができますよ♡

それでは、さっそく!
アンジェリックフォセッテにてアレンジオーダーいただいたお客様の婚約指輪をお写真付きでご紹介させていただきます!

こちら、もともとのデザインは中石ダイヤモンドの両脇へ一石ずつメレダイヤモンドが留まっている婚約指輪です。もう少し華やかさが欲しいとのことで、メレシャトンをもう一つずつ増設、中石ダイヤモンドの両脇へ二石ずつメレダイヤモンドを配置するアレンジをなさいました!
デザインがより華やかな仕上がりに!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – –

続いて、V字ラインのエンゲージリングデザインへ『ミル打ち』という地金に小さな玉を連続して打ちつけていく装飾アレンジをなさった婚約指輪です。

ミル打ちは「ミルグレイン」ともいい、ラテン語で「千の粒」という意味です。千という数字には「永遠」「子宝」「長寿」といった意味があり、さらに粒が連なって打ち込まれていることから「いつまでも幸福が続く」「末永く繁栄する」といった縁起の良い意味合いがあります。

アンジェリックフォセッテは、このミル打ち加工のアレンジを婚約指輪のデザインのお好きな部分へオーダーしていただけます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – –

続いて、プラチナ→K18ピンクゴールドへ素材変更のアレンジをしたお客様の婚約指輪です。
婚約指輪を渡すお相手様がピンク色が大変お好きとのことで、もともと留まっているメレダイヤモンドをピンク色の宝石(ピンクサファイヤ)へ変更し、リングのマテリアルもピンクゴールドへ。
中石ダイヤモンドがバラモチーフのシャトンに留まるデザインなので、ピンク色へアレンジしたことによって薔薇のイメージがより強くなって大人カワイイ印象に!
お花モチーフの婚約指輪のデザインは、永遠に枯れない「幸せにする」というお気持ちを表しているようでロマンチックです!

お相手様の誕生石、おふたりが出逢った記念すべき月など、宝石の意味合いにお相手様への想いを込めてアレンジする色石変更も人気のアレンジのひとつです!
アンジェリックフォセッテでは、もともとデザインに留まっているメレダイヤモンドを他の宝石へ無料で変更することができます。一部だけ色石変更することもできますし、複数の色石へ変更することもできます。

こちらは2月の誕生石アメジストへ色石変更をした婚約指輪です。
中石のすぐ隣へアメジストを配置することによってメインのダイヤモンドが際立ちます。

こちらは、1月の誕生石ガーネットの色石変更をなさった婚約指輪です。
お相手様の誕生石を婚約指輪へあしらうことで、生まれてきてくれてありがとうという気持ちと、これからもあなたとずっと一緒にいたいという想いを込められました。
後日、お相手様にお会いした際にこのことをお伝えすると、感極まったように涙ぐまれていたのが忘れられません。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – –

中石がラウンドカット以外のファンシーカットのダイヤモンドでも婚約指輪をお作りできます。
既存の婚約指輪のデザインのなかからお好きなものを、中石のファンシーカットに合わせてお作りすることも出来ますし、ファンシーカットを活かした新しいデザインをフルオーダーすることも可能です。

こちらは、中石ダイヤモンドをハートシェイプ&中石周りにルビーの取り巻きを増設してお作りしたセミオーダーの婚約指輪です。
アンジェリックフォセッテのアレンジは2つのリングデザインをミックスして良いとこどりにすることもできます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – –

婚約ネックレスもご案内しております。
お相手様から贈られる誓いのダイヤモンド、ずっと身に着けていたいという想いから婚約ネックレスをご希望されるお客様も多くいらっしゃいます。
上の画像の婚約ネックレスは、ダイヤモンドを覆輪で留めて丸環を二つ溶接、両吊りタイプでチェーンは1.1mm幅の小豆チェーンです。
アンジェリックフォセッテはメーカーなので、トップのデザイン、チェーンの長さ・種類・幅もお客様にお選びいただけます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – –

アンジェリックフォセッテのコンセプトじゃないですけども、うちの考え方っていうのが、素材は最高品質を使う、それ+α で、お金を出せばみんな買えるよねってものじゃなくて「おふたりだからこそこういうデザインにしたよね」みたいな感じで世界に1つを簡単に作っていただけるように。
メーカー直営で、既製品は置かず完全受注生産でお作りするからこそのこだわりです。